劇団夜行列舎

原作「ゴーレムの記憶」の初演は1986年。
当劇団の旗揚げ公演でした。
その1年前、1985年の状況劇場公演が、傑作「ジャガーの眼」。
劇団夜行列舎は、今回で第 9回公演になりますが、そのうち 8回が「ゴーレムの記憶」をもとにした戯曲です。そして、第 7回、第 8回、今回が「ジャガーの眼」編となっています。本作には、唐十郎氏へのあこがれが詰まっており、たくさんのオマージュがあります。もちろん、ご許可をいただき、2015年公演では、劇場に足をお運びいただきました。唐十郎氏のものすごさには遠く及びませんが、私には36年続けた執念があります。執念の芝居、ご覧ください。
(写真は2015年公演の時のもの。ご許可をいただき掲載しています。)